『要約筆記は、耳の不自由な人のために、会話や講演の内容を文字に変えて即差に伝える活動をいいます。
最近は手話が盛んですが、難聴者や中途失聴者、高齢のために聞きづらくなった人のなかには、手話を使える人は少ないのです。』
※要約筆記いわきサークルのリーフレットより


要約筆記いわきサークルさんには、
先日のいわき市ボランティアファスティバルや、いわき市総合社会福祉大会でもお世話になりました。

耳の不自由な方は手話ができる、と思ってしまいますが、手話は「言語」と聞きました。
その方の事情によっては、使えない方もいるということです・・・

講演会やイベントなどで長年活躍の
要約筆記いわきサークルさんが、

平成29年度 社会福祉功労者及びボランティア功労者に対する厚生労働大臣表彰

を受けられました(o‘∀‘o)*:◦♪

ブログ写真


「継続は力なり」とも言いますが、長年続けるというのは簡単なことではないと思います。

ボラセンからも、心よりお祝い申し上げますとともに、
ますますのご活躍をお祈りいたします。

2017年12月13日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | お知らせ | Top↑ |
「第1回 災害時の要配慮者支援を考える学習会」が、はぐくみ防災サポーターズいわきさんの主催で開催されます。


「障がい児・者の災害対策を考える」
12月20日(水)10:00~15:00
いわき総合保健福祉センター 多目的ホール


講師:国立障害者リハビリテーションセンター研究所
障害福祉研究部 社会適応システム開発研究所
室長 北村 弥生 先生


災害があったとき、誰しもが大変な思いをしますが、より大変さが大きいのは障がいをもつ方々や高齢の方々だと思います。
この機会に、ぜひ参加してみませんか?(コチラもご覧下さい。)

いざという時、自然な支援ができるといいですね(*^_^*)

2017年12月06日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | お知らせ | Top↑ |
ボランティア活動助成金の配分結果の報告です。
詳細はコチラをご覧下さい。

実際に「この機器はボランティア基金の助成金で購入したものです、本当に助かりました
などというお話を聞くと、よかった・・・と純粋に思います。


この活動助成金によってボランティア団体の皆さんの、活動の幅がさらに広がっていくことを願っています


2017年11月15日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | お知らせ | Top↑ |
今年からいわき市ボランティア連絡協議会との共催で、
いわき市ボランティアフェスティバルを開催します。

誰もがボランティア活動に参加できる地域社会作りを目指し、その『きっかけ』になれば、と考えています。


場所:いわき市社会福祉センター 5階 大会議室(メーン会場)
日時:平成29年10月29日(日) 10:00~15:00(受付 9:30~)

《内容》
★講演
「スポーツを活用して広がるまちづくり支え合い活動」
特定非営利活動法人 ツークンフトロカール 
理事長 大田原 邦彦 氏 
                           10:15~11:45
★ボランティア交流会
各ボランティア団体の活動内容紹介やワークショップ
                           12:15~13:30

★ボランティア団体活動紹介
ボランティア組織 クローバー会 
いわきふれあいサポート 
人形劇 ピッコロ
音楽療法研究会 ミュージックフォレスト
                           13:30~15:00


《申込方法・問合わせ先》
いわき市社会福祉協議会
地域福祉課 ボランティア活動センター
電話/38-6631  FAX/38-6632

申込締め切り 10月20日(金)


ボランティアや市民活動に関心のある方、どなたでも参加できます(^-^)/
申込み、お待ちしています
                 
2017年09月20日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | お知らせ | Top↑ |
相手の話を受け止めて聴く、簡単なようでなかなか難しいですよね。
つい自分の話をしてしまったり・・・

「傾聴ボランティア養成講座」が開催されます!



これを機会に、みなさん是非参加してみませんか?

2017年09月07日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | お知らせ | Top↑ |