7月20日のサマボラ開校式を終え、高校生のボランティア活動は始まっています


そんな高校生の様子が見たくて!受け入れ先の担当の方と話がしたくて!!
私たちスタッフは、日程を確認しながら、少しずつお邪魔しています

そこでは、リアルな反応や言葉が聞けて、本当に勉強になります

「初日だから緊張してます。3日間大丈夫かなぁ・・」「本当に楽しい!あっという間に最終日!もっとやりたい!」「こんなにおじいちゃん達とコミュニケーションを取ることが難しいと思わなかったです」「保育士は、かなり体力使いますね」などと、照れ笑いする高校生ボランティアさん


受け入れ先の担当の方からも、「よくやってくれてるよ。やっぱり若いから、体力があるね」「初日は笑顔が見えなくて心配したけど、3日目の今日は変わった!」なかには、「こういうボランティア希望の方は、どんどん受け入れるから、いつでも連絡していいよ!!」など嬉しい反応もあります




いろいろな場所にお邪魔して、たくさんの人に触れ、感じたことがあります。

実際に話をすることで、見えてくるものがたくさんあるということ。
話をしないと、分からなかったことがたくさん。
高齢者や子どもたち、障がい者の方々・・たとえお話が出来なくても、会話のキャッチボールが出来なくても、相手の伝えようとしていることを、寄り添いながら理解しようとする気持ちが大事なんだ、と。

笑顔を見せれば、人は笑顔を返してくれるんだ。



@お知らせ@
8月29日(木)
津波被害による家屋内の片付け:1件(10名)

8月30日(金)
津波被害による家屋内の片付け:1件(10名)
    ※前日の継続ニーズになります。

※受付は、8時45分頃から始ります。
※ニーズの状況により活動日や募集人数は変更になる場合がありますので、予めご了承願います。
※災害ボランティア活動経験(いわき以外での活動も含む)のある方に限りますので、予めご了承願います。
2013年08月02日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | つぶやき | Top↑ |
Secret

TrackBackURL
→http://iwakisaigaivc.blog.fc2.com/tb.php/640-b95fbda4