レクリエーションって
言葉としては難しい。

でも、要は子どもからお年寄りまでの
コミュニケーションツールなのかな、なんて
今では思うんです

そんなふうに思うようになったのも
きっかけは先週水曜日のレク終了後、
受講者のひとりがこんな話をしてくれたんです。

その方の親戚のご夫婦で、
旦那さんが亡くなってしまったことをきっかけに
奥さんの認知症が徐々に発症し始めた。
老人ホームもなかなか空きがなく、
やっと決まった入所先。
しかし、それまでの間、2週間ほど
家の契約もきれ、行き場のないご親戚を預かることになった。
認知症も結構進行してしまっているし、
どんなことを話したらいいのか皆目見当がつかなかった。

しかし、このレク講座で学んだクラフト、
そして手遊び。
これは子ども認知症のお年寄り
年齢問わず活用できるじゃない!
よかった、これでお互いこの2週間
気持ちよく過ごすことができる
本当にありがとうね

そんなふうにお礼を何度も言って
この受講者は帰っていきました。

なるほどな、と感じさせられた出来事でした。
わざわざ「サロン」という形をとらなくても
身近なところで活かせるのがレクの良さですよね!

来週今年度最後のレク講座となります。
皆さんも、何かの機会にレクに触れてみてはいかがでしょうか。

★お知らせ★

※ニーズの状況により活動日や募集人数は変更になる場合がありますので、予めご了承願います。
※災害ボランティア活動経験のある方に限りますので、予めご了承願います。
※災害ボランティア経験ですが、いわき以外での活動も含まれます。
2012年12月03日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | つぶやき | Top↑ |
Secret

TrackBackURL
→http://iwakisaigaivc.blog.fc2.com/tb.php/533-b0bdd34a