皆さんお疲れさまです

今日は茨城県結城市ボランティア連絡協議会視察研修が当センターで行われました。

その中での話です。
結城市ボラ連のある女性の会員さんが
とある被災地に行ったところ、海水をかぶったダリアの花を売っているのを発見したそうです。
見た目は、しおれていて色も悪く、
植えなおしても長持ちは難しいかと思われるほど。
ですが、被災地支援だと思い、買って結城市に持ち帰り
この花を植えたそうです。
最初は見てくれも大層悪いものでしたが
時期が来て、なんとその花が買ってきた時とは打って変わる美しさで咲きだしたのです!

後にこの花を地元の子どもたちが「復興支援の花」と名付けたという話を
嬉しそうに話してくださいました。

また、海水をかぶった別の花も買ってきたようですが
その花をボラ連の総会で売って、そのお金を被災地に全額寄付したという話もお聞きしました。

海水がかぶると植物はダメになる
という話をよく耳にしていたぶん
それをわざわざ買って、自分たちの地元に持ち帰り育てたこと
そして、被災地のこれからという希望の象徴となるかのように
花を咲かせてくれたということ。
なんだか心温まるストーリーでした。

そんなボランティアもあるんですね。
ボランティアさんありがとう!

☆お知らせ☆
※ニーズの状況により活動日や募集人数は変更になる場合がありますので、予めご了承願います。
※災害ボランティア活動経験のある方に限りますので、予めご了承願います。
※災害ボランティア経験ですが、いわき以外での活動も含まれます。
2012年06月25日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | つぶやき | Top↑ |
Secret

TrackBackURL
→http://iwakisaigaivc.blog.fc2.com/tb.php/472-1fc1e927