上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
被災された方々の多くは、住み慣れない地域での生活をしています

かつて、いわき市は、日本一広い面積がありました

北から南までの移動に、約1時間前後かかることも

そんなわけで、いわき市出身でも、自分の住んでいる地区以外は、案外わからないことも多く…。

現在住んでいる場所には、知り合いもいない状況で、みなさん引っ越しをしてきました。


そのような生活の中で、少しでも多くの方々と顔をあわせ、交流できる機会をもうけたい。

それがボラセンで企画している、お茶会やコンサート等サロンイベント活動の「交流事業」です

先日、平山崎雇用促進住宅での定期交流会に参加された方が、

「今日は、勇気を出してきました」とおっしゃっていました。

気持ちのもちかたは、ひとそれぞれだと思いますが、
やはり、誰も知らない場所へ一人で来て何かに参加するというのは、勇気のいることですよね。

勇気を出して参加した背景には、住民のみなさんと交流したいという強い想いがあったとのこと。

そのような想いがあることを、私たちは胸にきざみ、

これからも、一人でも多くの方々が参加していただき交流できるような場を企画していきたいと思います。

今回、勇気をだして参加してくださった方から、新しい誰かに勇気のバトンが伝わりますように…



お知らせ
6月15日(金)
地域支援活動(薄磯地区):20名
震災ゴミの片づけ:1件 4名

※ニーズの状況により活動日や募集人数は変更になる場合がありますので、予めご了承願います。
※災害ボランティア活動経験のある方に限りますので、予めご了承願います。
 なお、災害ボランティア経験ですが、いわき以外での活動も含まれます。
2012年06月14日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | 活動報告 | Top↑ |
Secret

TrackBackURL
→http://iwakisaigaivc.blog.fc2.com/tb.php/459-2c857444
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。