「救急車の音が聞こえると、すぐに家を出て見に行くんだ」

それは、野次馬としてではなく、地域の人が心配だから。

以前、近所のおじいちゃんが倒れているところを発見し、
救急車を呼んで無事に助かったということがあったから。
毎日畑に行くおじいちゃんが天気もいいのに、今日は来ない。
心配になって声をかけに行ったら、具合が悪くなっていたそうです。

今では、そのおじいちゃんと一緒にお茶を飲んだり、カラオケをしたり…。

今回の震災においても、地域のチカラは、とても重要でした。

「あそこのおばあちゃんは、大丈夫だろうか?」
「向かいのおじいちゃんは、ちゃんと食べているだろうか?」

誰かが誰かを心配する。声をかける。

そんな想いが地域を強くするのではないでしょうか。
そんな風に、お互いを想い合える地域づくりを応援したいと思います。


*お知らせ*

5月18日(金)
震災ゴミの片づけ・運搬:(1件 5名)

※ニーズの状況により活動日や募集人数は変更になる場合がありますので、予めご了承願います。

※災害ボランティア活動経験のある方に限りますので、予めご了承願います。
 なお、災害ボランティア経験ですが、いわき以外での活動も含まれます。
2012年05月17日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | つぶやき | Top↑ |
Secret

TrackBackURL
→http://iwakisaigaivc.blog.fc2.com/tb.php/430-ed403a53