<< 2017Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>
プロフィール

いわき市ボランティア活動センター

Author:いわき市ボランティア活動センター
ボランティアを通して人と人がつながる

人から人へボランティアでつながる

ボランティアのチカラ

いわき市社会福祉協議会
ボランティア活動センター
電 話:0246-38-6631
FAX:0246-38-6632

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
twitter

Admin  |  New entry  |  Up load  |  All archives

Prev Entry | main | Next Entry |

cup 防災・減災

2012.03.14 Wed
お疲れさまです

最近とくによく「防災」という言葉をよく耳にしますね。

ですが、「減災」という言葉もあるのをご存じでしょうか。

なんとなく、減災というと減らすしかできないイメージで、

防災のほうが広く使われている理由が分かる気がしますが、

定義としては、防災の中にあるカテゴリの一つとして減災があるようです。

いやぁ、言葉って難しい。

せっかくなので、いつもとはちょっと違う観点から皆さんにも簡単にできる「減災とボランティア」についてお話ししましょう

皆さんは、災害が起きた時、どうしますか?

まず、自分の身を守りますよね。

必要があれば避難所へいくこともあるかもしれません。

ですが、この「避難所」という言葉。

知らなくて困った

という外国人の方が多かったみたいです。

日本に住む人口の1%は海外の方で占めています。

100人に1人は外国人になるわけです。

災害はいつ起こるか分かりません。

災いを減らす、一人でも多くの命を守る

その一つとして、もし、海外から来た人と接する機会があれば

ぜひ「日本のいいところ」と「避難所」という言葉を教えてあげてください。

出来ることから一つずつ。

一緒に防災を考えていきましょう。

=お知らせ=

3月16日(金)
被災家屋での震災ごみの分別・運搬:1件(8名)
被災家屋での震災ごみの分別・整理:1件(20名)


3月17日(土)
被災家屋での震災ごみの分別・運搬:1件(5名)
被災家屋での震災ごみの分別・整理:1件(20名)

※ニーズの状況により活動日や募集人数は変更になる場合がありますので、予めご了承願います。
※災害ボランティア活動経験のある方に限りますので、予めご了承願います。
 なお、災害ボランティア経験ですが、いわき以外での活動も含まれます。

COMMENT



ADD COMMENT












TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://iwakisaigaivc.blog.fc2.com/tb.php/364-8e59ee43

検索フォーム