生活支援班では、被災された方々と地域の方々のコミュニティづくりのため、
さまざまな交流事業をおこなっています

本日は、内郷雇用促進住宅の集会所にて「お茶のみ交流会」が開催されました。

今回で16回目の開催となった内郷地区の定期交流会です。

内郷1

開催当初から比べると、現在の参加者は倍近くになりました。

その背景には、地域の方々による「口コミ」があるようです。

今日は、過去最多の60名近くの方々が参加し、笑顔あふれる時間を過ごしていました


三線1

こちらは、3月3日の交流事業の様子

黒須野の雇用促進住宅付近にある集会所での「定期交流会」です。

三線の音色を被災地に届ける活動をしているボランティアさんの協力のもと、
「三線コンサート」がおこなわれました。

歌ったり、踊ったり皆さん、とっても楽しそう


どこの地区でも、定期交流会等の交流事業をとおして、
少しずつ被災された方と地域の方とのつながり「交流の輪」ができはじめてきました。

また、そこに全国のボランティアさんとのつながりができていることも確かです。

しかしその反面、まだ交流するキモチになれない方々がたくさんいらっしゃるという現実も忘れてはなりません。

つながれるところから少しずつ…。

私たち生活支援相談員は、日々の訪問活動をとおして、被災された方々とお会いし話す時間を大切にしながら、地域とつながっていきたいと思います。




=お知らせ=

3月9日(金)
被災家屋での震災ごみの分別・運搬:2件(15名)
被災家屋での震災ごみの分別・整理:1件(15名)
応援メッセージ等の展示補助活動:1件(3名)

3月10日(土)
被災家屋での震災ごみの分別・運搬:1件(2名)


※ニーズの状況により活動日や募集人数は変更になる場合がありますので、予めご了承願います。
※災害ボランティア活動経験のある方に限りますので、予めご了承願います。
 なお、災害ボランティア経験ですが、いわき以外での活動も含まれます。
2012年03月07日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | 活動報告 | Top↑ |
Secret

TrackBackURL
→http://iwakisaigaivc.blog.fc2.com/tb.php/357-5c542fd2