「風が痛い」「空気が冷たい」

そんな凍てつくような寒さの中、28名のボランティアさんの笑顔が、いわきボラセンと被災者宅と被災地域をポッカポカに

みなさんの笑顔が「優しい風」「温かい空気」を運んでくれた気がします。

12月2日
 ~いわきの北から南まで優しい風と温かい空気が吹き抜けた瞬間~



そして、いま、さまざまなカタチの支援が必要になってきています。

やっとの思いでいわきに戻ってきて、これから片付けをしようと・・・

仮設住宅等に引越しはしたけど、自分の家に戻るために再度、引越しをしたい・・・

地域でイベントをしたい・・・


復興への・・・そして、生活再建にかける想いはみんなそれぞれ

私たちは、その想いに応えてあげたい。

そして、みなさんには、その想いを伝えたい。


=お知らせ=

12月3日(土)のニーズをご紹介します。

被災家屋での災害ごみの分別・運搬:7件(30名)
被災家屋での災害ごみの分別・整理:3件(10名)
引越し:1件(2名)

ニーズ件数:11件 ボランティア予定数:42名となっています。

※ニーズの状況により活動日や募集人数は変更になる場合がありますので、予めご了承願います。
※災害ボランティア活動経験のある方に限りますので、予めご了承願います。



社協マン

11万人いる社協マンが一致団結すると、あっという間に災害ボラセンが立ち上がる。
11万人の社協マンを支えているのは・・・そう、地域のみなさん。
みなさんの「熱いチカラ」と「優しいキモチ」が社協マンを強くする。  つづく
2011年12月02日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | つぶやき | Top↑ |
Secret

TrackBackURL
→http://iwakisaigaivc.blog.fc2.com/tb.php/250-00bb9e27