<< 2017Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>
プロフィール

いわき市ボランティア活動センター

Author:いわき市ボランティア活動センター
ボランティアを通して人と人がつながる

人から人へボランティアでつながる

ボランティアのチカラ

いわき市社会福祉協議会
ボランティア活動センター
電 話:0246-38-6631
FAX:0246-38-6632

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
twitter

Admin  |  New entry  |  Up load  |  All archives

Prev Entry | main | Next Entry |

cup 第二のふるさと

2011.11.19 Sat
突然ですが、今日の活動でお疲れであろう皆さんに、田舎者の定石をお教えします

大抵の場合において、田舎者は田舎者であることを必死で隠そうとします!

例えば、都会でおっきな遊園地に行ったとしますね。

すごいなぁ、と心の中では思っているのに、「いや、いわきにある○○の方がすごいし」とか、「(ちょっと都会ぶって)いや、こっちによく来てたから、何回か来たことあるよ」とか強がりを言ってしまうわけです。

いわきの(自称)観光大使こと私も、お恥ずかしながら、かつてその例外ではありませんでした。

田舎だから都会より劣っている

そう思っていたんですよね。

しかし、ある時、友人から

「田舎があっていいなぁ。私は実家も東京だから」

こんな風に言われたんです。

驚きの一言でした。

私にとって田舎はみんなに当然あるものだと思っていたので

そして、自分に田舎がなかったとしたら、と考えたら少し寂しい気持ちになったのを覚えています。

離れて初めて分かるのですが、田舎には確かに都会ほどの華やかさはありません。

けれど、そこには都会にはない温かさがある。自然の癒しがある。安らぎがあるんですよね。

とある牧場で有名になった田中○剛さんも地元で脚光をあびることになりました。

田舎だから出来ないなんてことはないし、自分の田舎のことももっと知ってほしい、と思った出来事でした。

きっとボランティアさんの中には私の友人のような方も中にはいるのかなと思います。

もちろん、田舎あるよ、って方もいるでしょう。

でも、どんな方であろうと、ここで会ったのも何かの縁。

いわきに来た、それだけで、いわきは皆さんの第二のふるさとです。

これが、私たちいわき市民のために全力で力を貸してくれた方々へのせめてものお礼かなと思っています。

いわきにまたお越しいただけたなら、笑顔でこたえますよ!

おかえりなさい!!



あ、今日の活動人数は33名でした。

ありがとうございます!!

今後の災害救援班の活動日は、25日(金)、26日(土)となっています。
※ニーズの状況により活動日は変更になる場合がありますので、予めご了承願います。


COMMENT



ADD COMMENT












TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://iwakisaigaivc.blog.fc2.com/tb.php/237-53dd2f72

検索フォーム