以前、一時的に車いすを利用したことがあります。

車いすに座り、街や駅の構内を行くと、月並みな表現ですが「別世界」でした。


自分が今まで見ていた世界と同じなのに、視線が下がるだけでこんなに違うのか、と愕然としました。
公共の場所だったので、余計にそう思ったのかもしれません。

歩く人は特に車いすなど気にせずに歩いてきます。
車いすを特別と思わず受け入れているのだと思いますが、ぶつかりそうになるとドキドキしてしまいました。

また、車いすを介助する人の気持ちが、
乗っている人に、こんなにもダイレクトに伝わるものとは知りませんでした…


介助に慣れていなくても、こちらの気持ちに添って介助してくれた人。

介助にも慣れていて、こちらの気持ちも汲んでくれた人。


どの人たちへも感謝しかありません…

でも特に、慣れてはいないけど、何とかこちらの気持ちに添って介助しよう…としてくれた人は印象に残っています。
本当に助かりました…

ボランティア活動でも、「相手の気持ちを考えて」行動することが、一番大切なのでは…と強く感じた出来事です。



さて、立春も過ぎ、春が一日一日近づいていますね

ボランティア活動を…という気持ちになったら、ぜひボラセンに相談に来てください

お待ちしておりますヽ(´∀`)ノ


**お知らせ**
現在のところ、災害ボランティア活動の予定はありません。
今後の活動については、ブログを通しご紹介しますので、よろしくお願いします。



2016年02月08日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | つぶやき | Top↑ |
Secret

TrackBackURL
→http://iwakisaigaivc.blog.fc2.com/tb.php/1022-9a90ff4e